『ツール・オブ・チェンジ 本の未来をつくる12の戦略』著者/編者/訳者一覧

■著者紹介
1_JENN WEBB.png ジェン・ウェブ Jenn Webb
長年新聞業界で活躍したあと、現在はフリーランス・ライター、編集者、リサーチャー。自分のことを出版とテクノロジーとディスラプションに情熱を感じる「オタク」だと自己評価している。
Twitter @JennWebb
Google+ +Jenn Webb


2_Joe Wikert.png ジョー・ワイカート Joe Wikert
出版コンサルタント。元オライリー社TOCカンファレンスマネージャー、販売担当ジェネラル・マネージャー兼編集担当パブリッシャー。Publishing2020ブログへの寄稿者。
Twitter @jwikert
Google+ +Joe Wikert


3_TRAVIS ALBER.png トラビス・アルバー Travis Alber
出版イノベーションに関心をよせる起業家。直近では、リードソーシャルを起業。様々な出版社にパラグラフ・レベルの議論とコンテンツ内でのバーチャルな読書会の主催に関してアドバイスを行っている。ニューヨーク在住。東海岸、西海岸の両方で15年以上活動し、関与したサイト、eBook、モバイル関係のプロジェクト多数。『マニフェスト 本の未来』の寄稿者の一人。
Twitter @screenkapture
Google+ +Travis Alber

4_1_HUGH MCGUIRE.png ヒュー・マクガイア Hugh McGuire
オープンソースの出版プラットフォーム「プレスブックス」の創業者。ボランティアによる著作権切れのオーディオブックライブラリーの創業者でもある。また、リブリボックス商業版であるiambik audiobooksを起業。『マニフェスト 本の未来』の共同編集者。
Twitter @hughmcguire
Google+ +Hugh McGuire

5_ROBERT COTTRELL.png ロバート・コトレル Robert Cottrell
Twitter @robertcottrell
Google+ +Robert Cottrell




5_ROBERT COTTRELL.png アリス・アーミテージ Alice Armitage
Twitter @alitage
Google+ +Alice Armitage




6_Chris Rechtsteiner.png クリス・レクトスタイナー Chris Rechtsteiner
Twitter @Rechtsteiner
Google+ +Chris Rechtsteiner




7_LEONHARD DOBUSCH.png レオナルド・ドブッシュ Leonhard Dobusch
Twitter @leonidobusch
Google+ +Leonhard Dobusch




8_OLIVER BROOKS.png オリバー・ブルックス Oliver Brooks
ウェブテクノロジーに情熱を持つ起業家。多くのビジネスで成功している。複雑な課題を処理するシンプルな発明への挑戦を楽しんでいる。
Twitter @cn_oli
Google+ +Oliver Brooks


9_Steven Rosenbaum.png スティーヴン・ローゼンバウム Steven Rosenbaum
Twitter @magnify
Google+ +magnify.net




10_MAC SLOCUM.png マック・スロカム Mac Slocum
オライリー社のオンラインマネージングエディター。執筆者でもある。90年代から多様なウェブコンテンツの編集、制作を行ってきた。時折ビデオインタビューにも参加。
Twitter @macslocum
Google+ +Mac Slocum


11_BILL MCCOY.png ビル・マッコイ Bill McCoy
現IDPFエクゼクティブ・ディレクター。元アドビ・システム社電子出版事業担当ジェネラル・マネージャー。電子出版に20年以上にわたって携わる。関与した規格はEPUB、PDF、OpenType、PostScriptと多岐にわたる。
Twitter @billmccoy



12_NELLIE MCKESSON.png ネリー・マッケッソン Nellie McKesson
Twitter @NellieMcKesson
Google+ +Elanor McKesson




13_ADAM HYDE.png アダム・ハイド Adam Hyde
オープンソース製本・出版プラットフォームであるBooktypeのプロジェクト・リーダー。FLOSSマニュアル(http://www.flossmanuals.net)、ブックスプリントメソドロジー (http://www.booksprints.net)創立者。
Twitter @booksprint



14_Baldur Bjarnason.png バルデュア・バジャナソン Baldur Bjarnason
Twitter @fakebaldur
Google+ +Baldur Bjarnason




15_SANDERS KLEINFELD.png サンダース・クレインフェルド Sanders Kleinfeld
2004年からオライリーメディア社で活躍。制作、編集、ツールチーム等さまざまな分野を担当した。現在は、出版テクノロジースペシャリストとして勤務。オライリー社のXMLベースのEPUB、Mobiの生成システムに関わっている。オライリー社コンテンツのデジタル配信先との調整も担当している。HTML5、EPUB 3きも寄与。オライリー社コンテンツの次世代eBookの開発を行っている。
Twitter @sandersk
Google+ +Sanders Kleinfeld
■編者紹介
オライリー・メディア(O'Reilly Media,Inc.)
米国カリフォルニア州に本社を置くメディア企業。代表ティム・オライリー氏のもと、コンピューター関連書籍、Webサービス、カンファレンスの開催などを中心に行う。 公式サイト:http://www.oreilly.com/
■翻訳者紹介
秦 隆司
東京生まれ。マサチューセッツ大学卒業後、記者、編集者をへてニューヨークで独立。1996年にアメリカ文学専門誌『アメリカン・ブックジャム』創刊。2012年アメリカン・ブックジャムのeBook版、eブックジャムの第1弾、第2弾がボイジャー社より出版される。訳書に『マニフェスト 本の未来』『行く先は晴れやかにあるいは、うろ覚えの詩が世界を救う』『世界貿易センタービル』、著書に『スロー・トレインに乗っていこう』など。ニューヨークのグリニッジビレッジ在住。 Facebook:https://www.facebook.com/BookjamBooks
宮家あゆみ
ブックジャム・ブックス代表。ニューヨーク在住。ライター・翻訳者・編集者。神奈川県鎌倉市出身。明治学院大学文学部英米文学科卒業後、東京の商社、銀行、複合文化施設での勤務等を経て、1996年に再渡米。アメリカ文学専門誌『アメリカン・ブックジャム』の取材、執筆、編集および制作、販売など出版業務全般に携わる。訳書に『マニフェスト 本の未来』『ブックストア─ニューヨークで最も愛された書店』『チャスとリサ、台所でパンダに会う』『ガール・クック』など。朝日新聞 GLOBE 紙面「世界の書店から」のニューヨークの回を執筆中。
室 大輔
1977年、東京生まれ。カリフォルニアの中学高校を卒業の後、マサチューセッツ州クラーク大学政治経済学部を2000年に卒業。テレビ番組制作(NHK:グレイトネイチャー「雨の匂いのする砂漠」制作:株式会社喜望峰)等のコーディネート業務等を経て、現在は定期的な電子出版事情の調査及び翻訳を担当するボイジャー嘱託。訳書に『マニフェスト 本の未来』。 Twitterアカウント:@daisukemuro