原発の行方福井新聞社

原発の行方
864円(税込)
  • カテゴリ: ノンフィクション・ドキュメンタリー
  • 発売日: 2012/06/11
  • サイズ : 6 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : 福井新聞社

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は著作権の問題から、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

 大飯原発3,4号機が再稼働するのか。それともこのまま日本の原発が停止したまま2012年の暑い夏を迎え得るのか。福島第一原発事故で大きく揺らいだ原子力発電所への信頼。日本全体に安全性への不安が広がり、稼働中の発電所が次々と停止。2012年5月ついに国内の原発は全停止した。猛暑で電力不足が予測される中、大飯再稼働問題に注目が集まる。半世紀原発と向き合ってきた福井県の地元自治体、住民と長年原発の電気を使ってきた近隣の滋賀、京都、大阪との温度差も大きい。大飯再稼働問題の奥に張り巡らされている根っこを探った。
<原発特集>

著者について

福井新聞社

福井新聞社 1899(明治32)年8月28日福井市で創刊。1945(昭和20)年7月の福井空襲で本社焼失、1948(昭和23)年6月の福井震災で本社を再び焼失するなどの大きな災害を乗り越え、読者とともに戦後の復興発展を歩んできた。福井県内外へ新聞発行やインターネットなどを通して多彩な情報発信を行っている。世帯数を元にした普及率は全国2位。

864円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。