【無料版】小さなメディアの必要津野海太郎

【無料版】小さなメディアの必要
0円(税込)
  •  無料閲覧 
  • 全文を無料でお読みいただけます。
    更に、ユーザー登録/ログインすると以下の機能が使えます。
    1. 自動しおりの記録
    2. 本の「My本棚」への登録
    3. メモの使用
  • カテゴリ:社会・政治・法律
  • 発売日:2012/10/01
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

絶版という印刷本の宿命を軽々と越えて「幻の書」をあなたの手に!

フィリピン、タイ、メキシコ、イタリア、沖縄。
各地の文化運動の実際にまなびながら、
「流言飛語」生産のための
小さな技術の可能性をきりひらく。

《著者紹介》 津野 海太郎
1938年福岡生まれ。評論家。早稲田大学卒業後、編集と演劇に携わる。劇団「黒テント」制作・演出、晶文社取締役、『季刊・本とコンピュータ』総合編集長、和光大学教授・図書館長を歴任。主な著書に『小さなメディアの必要』(晶文社)、『滑稽な 巨人坪内逍遙の夢』(平凡社、新田次郎文学賞)、『ジェローム・ロビンスが死んだ』(平凡社、芸術選奨文部科学大臣賞)、『おかしな時代「ワンダーランド」と黒テントへの日々』(本と雑社)、『したくないことはしない 植草甚一の青春』(新潮社)、『電子本をバカにするなかれ』(図書刊行会)などがある。

レビュー