上海刺青人形高杜一榮

上海刺青人形
540円(税込)
  • カテゴリ:SF・ファンタジー
  • 発売日:2012/12/04
  • 出版社:STEP21

作品紹介

上海阿片の館の遊女であった恵珠は娘清珠と幼い頃生き別れ、再会する決め手は足の裏の刺青。その刺青を求めて歓楽の街を彷徨する恵珠。そして母親の前に足の裏に刺青のある少女が二人も現れ、待ち望んだ再会は次第に悲哀の色に染まって行く。

著者について

高杜一榮

1985年光文社のエンターテインメント小説大賞を「土踏まずの日記」で受賞。1988年日本で最初のパソコン絵画教室をオープン。当作品のコンピュータ・グラフィックを手がけ、将来の夢は作品の映画化。著作に高杜一榮の筆名で「カション幕末を走る」文藝春秋社刊がある。2013年2月に「蚕の旅」 副題家茂とナポレオン三世が文藝春秋社より刊行予定です。趣味は一人カラオケ、語学学習。ドイツ留学を視野に入れてドイツ語を学習中。

レビュー