極端に短いインターネットの歴史浜野保樹

極端に短いインターネットの歴史
0円(税込)
  •  無料閲覧 
  • 全文を無料でお読みいただけます。
    更に、ユーザー登録/ログインすると以下の機能が使えます。
    1. 自動しおりの記録
    2. 本の「My本棚」への登録
    3. メモの使用
  • カテゴリ:エッセイ,その他文芸
  • 発売日:2012/10/07
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

【無料版】それは3つの戦争から始まった。原爆投下の加害者は、もっとも過酷な妄想の被害者となった。巨大予算を背景にした軍事プロジェクトは、小さなコンピューターをどうして使わないのかの一言で、戦争から遠くはなれたメディア創造への道を進むことになった。忘れてはならない、インターネットの歴史を今ふりかえる。

著者について

浜野保樹

(はまの やすき 1951年ー2014年1月3日)。
国際基督教大学教養学部卒業。1980年同大学院博士課程退学。新潟大学教育学部助手、メディア教育開発センター助教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授を経て、2004年同研究科教授。メディア論専攻。財団法人黒澤明文化振興財団理事、公益法人徳間記念アニメーション文化財団評議員、公益法人ユニジャパン監事など。
主な著書に、『大系 黒澤明』(講談社)、『偽りの民主主義』(角川グループパブリッシング)など。

レビュー