プチャーチン使節団の日本来航 改訂版玉木功一

プチャーチン使節団の日本来航 改訂版
540円(税込)
  • カテゴリ:歴史・地理
  • 発売日:2012/10/23
  • 出版社:協同組合岐阜マルチメディア研究所

作品紹介

一九世紀半ば、英、仏、米の活発なアジア進出で急激にアジア情勢は変化していた。
極東日本も例外ではなかった。
帝政ロシアも新しいアジア政策を、推し進めていく必要に迫られていた。一八五二年、日本を足掛かりにして北からのアジア進出を決め、そのためには、先ず日本との間で国境を画定し、日本を開国に踏み切らせて、通商関係を樹立し、さらにその南のアジア諸国との関係を深めていくための諸情報の収集、主要アジア海域の測量・調査等を行なう必要があった。
本著は、その使命を担ったプチャーチンの一八五二年から約三年間に及ぶ航海と「日露通好条約締結」任務の遂行の報告書を基に、著者の考えを付して、とりまとめたものである。
 紳士的な条約締結をめざしたプチャーチン、交渉相手「明敏で、理性的な思考力と巧妙な弁論術を持ち合わせた」川路聖謨(かわじとしあきら)、条約締結へ導いた二人の信頼関係をロシア側の視線からみと貴重な資料である。

レビュー