喜劇 ほらんばか秋浜悟史

喜劇 ほらんばか
486円(税込)
  • カテゴリ: その他文芸
  • 発売日: 2013/03/01
  • サイズ : 0.08 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : 日本劇作家協会

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は著作権の問題から、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

【二十一世紀戯曲文庫】

1967年に秋浜氏自身の作・演出により第1回紀伊國屋演劇賞を受賞した記念作!

東北地方のある寒村。春になるとほらんばか(ほら事語り)になってしまう工藤充年(くどうじゅうねん)が廃屋となった牛舎の前で、白樺の木の間をわきめもふらず、往復している。工藤は、昔、仲間と集団農場を経営していて、不在の間に牛をすべて伝染病で死なせてしまったことで、ほらんばかになってしまった。野間さち、なちの姉妹が、今年の春もほらんばかになっているのか確かめにやって来る。工藤とさちは愛し合っているが、工藤がほらんばかのために結婚できない関係。東北弁で繰り広げられるユーモラスで、はかなくもせつない物語。

*電子本は、PC・モバイルでの閲覧用となります。
上演などのために紙の本が必要な場合は、以下のオンデマンド本をご購入ください。
また、上演の権利につきましては、日本劇作家協会にお問い合わせください。


『喜劇 ほらんばか』オンデマンド本|1,000円+税+送料|頁数:28P|ISBN4-903709-01-9 C0074

オンデマンド本:注文フォーム

◆ご注文から納品まで、1週間〜10日程いただきます。
◆土日、祝日にご注文いただいた場合は、休み明けに印刷〜発送いたします。
◆書籍と郵便払込票をお送りしますので、到着後に郵便局にて払込みをお願いいたします。
◆発送はご指定の発送方法にてお送りいたします。

【送料について】
※送料は2冊以下の場合【メール便180円】、3冊以上の場合には【宅急便540円】にてお送りいたします。 (離島や海外など地域によっては別途送料をいただきます。)

著者について

秋浜悟史

著者近影1934年、岩手県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所を経て、1962年に劇団三十人会代表となる。1967年「ほらんばか」の作・演出で、第1回紀伊國屋演劇賞受賞。1969年「幼児たちの後の祭り」で第14回岸田戯曲賞受賞。元大阪芸術大学大学院教授。前宝塚北高等学校演劇科長。前ピッコロ劇団代表。前ピッコロ演劇学校参与。2005年逝去。

486円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。