ヴァ-ジンな男たちカズエコ

ヴァ-ジンな男たち
514円(税込)
  • カテゴリ:文学
  • 発売日:2013/12/27
  • 出版社:猫乃電子出版

作品紹介

 現代の男性は女性よりも世の風潮に柔軟性が低いし、器用ではない面を寸評するつもりで描いた。男性が弱い生き物として描かれているが愛情を含んだ視点で描いたコメディ。登場人物は主人公美砂、新聞販売店の店長の妻。夫島男は頼りないが心は優しい。しかし女に弱く、しっかりした妻にふわふわといつまでも縋って生きている。住み込みで雇われる獅子原龍一はつかみどころのない風来坊だが、美砂に魅了されてしまう。赤野他人は新聞社の本社社員で販売状況を調査に来る。この男も美砂に魅かれる。夫のいない間に二人の男をものにして、次第に妖艶さも凄みも加速する美砂。そこにふらりと蒸発していた島男が現れるが、美砂は女に子ができた、と瞬間的に察知。ニベもなく拒否。夫にはもてないが、二人の男から求愛され自信に溢れ、「離婚して欲しい」と迫られても、毅然として生きる道を選ぶ。

著者について

カズエコ

1985年光文社のエンターテインメント小説大賞を「土踏まずの日記」で受賞。1988年日本で最初のパソコン絵画教室をオープン。当作品のコンピュータ・グラフィックを手がけ、将来の夢は作品の映画化。著作に高杜一榮の筆名で「カション幕末を走る」文藝春秋社刊がある。2013年2月に「蚕の旅」 副題家茂とナポレオン三世が文藝春秋社より刊行予定です。趣味は一人カラオケ、語学学習。ドイツ留学を視野に入れてドイツ語を学習中。

レビュー