ボクの水 カズエコ

ボクの水
514円(税込)
  • カテゴリ:文学
  • 発売日:2013/12/27
  • 出版社:猫乃電子出版

作品紹介

 元夫がアルコール依存症で、そのことを最初は全く気付くことはなかった。
  ある日「ボクのことを小説に書いて」と懇願され、酒で疲弊しきった彼の顔を茫然と眺めたことを思いだす。内心、可哀想で書けない、と書くことは考えてはいなかったが、彼が亡くなり、救えなかった思いが残り身を苛んだ。小説の中では「生きている」と描いた。作品はフィクションとノンフィクションが半々で、驚くべき真実があるが、すべて描けたわけではない。

著者について

カズエコ

1985年光文社のエンターテインメント小説大賞を「土踏まずの日記」で受賞。1988年日本で最初のパソコン絵画教室をオープン。当作品のコンピュータ・グラフィックを手がけ、将来の夢は作品の映画化。著作に高杜一榮の筆名で「カション幕末を走る」文藝春秋社刊がある。2013年2月に「蚕の旅」 副題家茂とナポレオン三世が文藝春秋社より刊行予定です。趣味は一人カラオケ、語学学習。ドイツ留学を視野に入れてドイツ語を学習中。

レビュー