追憶の文化大革命 下巻 咸寧五七幹部学校の文化人李城外(著),萩野脩二(訳),山田多佳子(訳)

追憶の文化大革命 下巻 咸寧五七幹部学校の文化人
389円(税込)
  • カテゴリ: 文学
  • 発売日: 2014/06/25
  • サイズ : 2.5 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は著作権の問題から、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

文化大革命(1966-1976)、若者が赤い旗を振り、毛主席語録を振り上げ歩く姿がイメージされるであろう。これが中国全土を席捲した。官僚も、文化人も、資本主義の道を歩む反動として打倒された。彼らも革命のために生き続けるという信念があった。李城外は文革終息後の文化人たちの「追憶」を記述した。同じ境遇にあった複数の文化人の思いが語られている。文革の実態をより客観的に知ることができる。事件当事者たちの生の体験は、事件を共有させ、せめて同じ過ちを繰り返すまいとする人々の誠意と哀切が込められている。すべての事件が風化するという社会事象の中で、私たちに時代を生きるとはどういうものであるかを示唆している。

下巻に登場する人物:
楼適夷(“左聯”の元老),蕭乾、文潔若夫妻,厳文井(作家),金冲及(歴史学者),宋木文(新聞出版署署長),陳早春(人民文学出版社社長兼総編集),王世襄(都の奇人),許覚民(文学評論家),程代煕(学者),林?(書画家、詩人),楊子敏(『詩刊』誌主編),謝永旺(『文芸報』誌主編),崔道怡(『人民文学』誌常務副主編),周明(中国現代文学館副館長),楊匡満(『中国作家』誌副主編),閻綱(文学評論家),?光群(『伝記文学』誌主編),王蒙(作家),舒乙(老舎先生の息子)

>>>上巻の詳細、立ち読みはこちら

著者について

李城外

tuioku_tyosya_image.jpg1961年生まれ。湖北省通山県の人。第1回中央放送大学を卒業。咸寧市委員会事務室副主任。市新聞出版局(版権局)局長、市委員会宣伝副部長などを歴任。2001年中国作家協会に加入。現在、中国報告文学会会員、中国散文学会理事、湖北省向陽湖分か研究会会長、咸寧市委員会党校中国五七幹部学校研究センター主任、武漢大学客員講師。編著に「向陽湖文化叢刊」7冊があり、そのうちの『話説向陽湖——京城文化名人訪談録録は、第6回冰心散文賞を得た。


訳者について

萩野脩二
1941年生まれ。現在、関西大学名誉教授。中国近代・現代文学専攻。著書に『謝冰心の研究』(朋友書店、2009年)、『中国現代文学論考』(関西大学、2010年)など。共訳書に『家族への手紙』(関西大学、2008年)、『沈従文と家族たちの手紙』(三恵社、2010年)など。

山田多佳子
1989年3月関西大学文学部中国学科卒業。2008年3月関西大学大学院修士課程終了。共訳書に『沈従文と家族たちの手紙』(三恵社、2010年)など。

389円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。