ぼくらの時代の本クレイグ・モド(著),樋口武志(訳),大原ケイ(訳)

ぼくらの時代の本
972円(税込)
  • カテゴリ: エッセイ
  • 発売日: 2014/12/15
  • サイズ : 22.5 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2、3.0以降が必要、PC/Mac: IE9、Safari、Firefox、Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

本作りの「今」はこんなことになっている——。

ある時はFlipboardやSmartNewsのデザインを手がけ、ある時はクロス箔押し豪華本をプロデュースし、ある時は出版スタートアップにアドバイス。本のすべてを愛する著者が、デジタル時代の出版者、デザイナー、開発者に贈る7つのエッセイ。

BinB store限定特典として、もれなく…
icon_epub1:本編EPUBファイルをプレゼント!
EPUBファイルがあれば、お好きなEPUBリーダーで読めます!


icon_kindle_266_266.png2:本編Mobiファイルをプレゼント!
Mobiファイルがあれば、Kindle端末でご覧いただけます!
※限定特典は「私の書斎」よりダウンロードできます。


印刷版も発売中!
くわしくはこちら


【目次】
・第一章 「iPad時代の本」を考える
 ——本作りの二つのゆくえ
・第二章 表紙をハックせよ
 ——すべては表紙でできている
・第三章 テキストに愛を
 ——こんなEリーダーが大事
・第四章「超小型」出版
 ——シンプルなツールとシステムを電子出版に
・第五章 キックスタートアップ
 ——kickstarter.comでの資金調達成功事例
・第六章 本をプラットフォームに
 ——電子版『Art Space Tokyo』制作記
・第七章 形のないもの←→形のあるもの
 ——デジタルの世界に輪郭を与えることについて


著者について

cmod-bigger.jpg クレイグ・モド
作家、デザイナー、開発者。本とメディアとストーリーテリングの未来に関心を持ち、東京とニューヨークを拠点に世界各地で活動中。2011年、作家としてMacDowell Colonyライティングフェローに選ばれる。2012年にはIT起業家としてTechFellow Awardsを受賞。共著書に『Art Space Tokyo』『マニフェスト 本の未来』等。http://craigmod.com


訳者について

樋口武志
字幕吹替制作の東北新社勤務を経て、現在、早稲田大学大学院に在学中。共訳書に『イルカをボコる5つの理由』(マシュー・インマン著)。字幕翻訳に『ディクテーター』『ヘラクレス』『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』等。

大原ケイ
日米双方の出版社に勤めた後、日本の著書を海外の出版社に売り込むエージェントとして独立、東京とニューヨークを往復する。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』等。アメリカの出版事情等をブログ「本とマンハッタン」で発信。http://oharakay.com


『ぼくらの時代の本』
特設ページはこちら

972円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。