にっぽん虫の眼紀行 中国人青年の見た日本毛丹青

にっぽん虫の眼紀行 中国人青年の見た日本
745円(税込)
  • カテゴリ: エッセイ
  • 発売日: 2014/12/22
  • サイズ : 2.9 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2、3.0以降が必要、PC/Mac: IE9、Safari、Firefox、Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

日本と中国は隣国である。人種的にも、地理的にも、交流の歴史のどれをとっても日本人と中国人は非常にちかしい。しかし両者はときには非常に遠くもある。1962年生まれの著者は文化大革命の後半期を『毛沢東語録』を暗誦してすごしてきた。のちに留学生として来日し、肉眼をとおし、また肌で感じる日本の現実を「虫の眼」として体験する。小さな視点からとらえるものは一つの民族の喜怒哀楽をうつしだし、二つの国を結びつける文章を導きだした。好奇心溢れる中国青年が、繊細な視線とゆたかな感性で、忘れられた日本の自然と文化の奥深さを再発見したユニークな日本体験記。
『知日』の原点がここにある。

ご購入特典としてもれなく上製本をプレゼント!
※申込方法:電子本の最終ページより、お申込みください。


・解説:柳田邦男(ノンフィクション作家)
「毛氏にはどうしてこんなにも豊かな出会いが生じるのだろうか。思うに、本当は誰でも日常の中でそうした物語に出会っているにちがいないのだが、残念なことに、心の中に物語の美酒を受ける容器《レセプター》を用意していないがために、何も気づかずに凡庸な時間を過ごしているのだ。」 本書「解説 美しい日本語の懐しさ」より


著者について

Mao_Photo_BinBs_h334_w250.jpg 毛丹青(マオ タン チン)
作家。神戸国際大学教授。1962年、中国・北京生まれ。中国社会科学院哲学研究所助手を経て、三重大学に留学。商社勤務などを経て執筆活動に。2011年日本文化を紹介する雑誌『知日』を中国で創刊し、主筆を務める。日本に批判的 な空気が強い今の中国で若者文化をおしゃれに紹介するスタイルが受け、大ヒットとなっている。
2014年文藝春秋より発行された『恵恵 日中の海を越えた愛』の出版コーディネートを行い、村上春樹『女のいない男たち』の中国語翻訳も行っている。著書『にっぽん虫の眼紀行』は、法蔵館/1998年、文春文庫/2001年に刊行されている。

日本版『在日本』潮出版社より2016/7/5発売
日本版『知日』潮出版社より2015/1/5発売

・参考資料
日本記者クラブ講演 「反日」下での『知日』の成功

745円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。