本で床は抜けるのか西牟田靖

本で床は抜けるのか
1,296円(税込)
  • カテゴリ:エッセイ
  • 発売日:2015/06/18
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

本好きであれば一度は頭をよぎるであろう、こんな悩みを徹底的に追求した意欲作!

本を書くとはどういうことか? どんな現実の中に人は本を書くことと向かい合っているのか? 本で床抜け騒動が起こってから身の上に生じるさまざまな現実を一人の作家の目を通して語った、もの書きの毅然として生きていくことのほろ苦くも励まされるストーリー。Webマガジン航でデジタルとしてスタートした連載が本の雑誌社より単行本として発刊、クリーンヒットとなり電子本として戻って来た。生まれた川に戻る鮭の例えのように、この本の背景には本とデジタルにまつわる問題の彷徨が写し取られている。

著者について

西牟田靖

nishimuta_binb_prof.jpg 1969年大阪府生まれ。ノンフィクション作家。アジア・太平洋諸島の元日本領土、北方領土や竹島といった国境の島々をテーマにした作品で知られている。著書に『<日本國>から来た日本人』『ニッポンの国境』『僕の見た「大日本帝国」』『ニッポンの穴紀行』『誰も国境を知らない』など。

レビュー