かく云へば二上貴夫

かく云へば
540円(税込)
  • カテゴリ: 文芸
  • 発売日: 2015/08/20
  • サイズ : 4.8 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー・プレス

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2、3.0以降が必要、PC/Mac: IE9、Safari、Firefox、Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

俳諧師であり宝井其角研究家である二上貴夫(フタカミキフウ)の第二句集。凡そ二百五十句を集録。

 作者は、平成十八年に第一句集『?天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『?天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。
 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。

【目次】
秦野八景 九句
吊 し 雛 七十八句
水 引 い て 五十七句
白襲 十六句
体 温 も 三十一句
か く 云 へ ば 四十七句
一九六八~九年 十二句

解題 二上貴夫氏の俳句「かく云へば」管見 福島壺春
プロフィール
奥付

著者について

二上貴夫

一九四七年、佐賀県鹿島市生まれ。
一九九一〜一九九七年、『俳諧接心』岡本星女主宰より、十二句連句の手解きを受ける。
一九九三〜一九九六年、『草の花』(藤田あけ烏主宰)へ投句。
一九九六〜二〇〇五年、『紫薇』の同人になり、澁谷道主宰より、非懐紙連句の手解きを受ける。
二〇〇一年『わいわい連句遊び―連句文芸賞への誘い』を刊行。
二〇〇六年、其角三百回忌を加藤郁乎氏らと催す。
二〇〇九〜二〇一三年、『ぶるうまりん』(須藤徹主宰)へ投句。
二〇一二年九月、俳誌『詩あきんど』を創刊。

540円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。