きみのためのバラ池澤夏樹

きみのためのバラ
108円(税込)
  • カテゴリ:文芸
  • 発売日:2015/08/21
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

彼女はまたにっこり笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った。

車内に置き去りにされた不審なバッグから離れようと妻に促されて、満員電車の中を移動しながら、男はかつて同じように混み合う客車の中を進んで行ったことを思い出す。ずっと昔の、日常の中でテロリストの存在を考えなくて済んだ時代。彼が手にしていたのは一本のバラだった。

>> 池澤夏樹の電子本「impala e-books」シリーズはこちら

著者について

池澤夏樹

ikezawa_binb.jpg 1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp

レビュー