神々の食池澤夏樹(文),垂見健吾(写真)

神々の食
648円(税込)
  • カテゴリ: エッセイ
  • 発売日: 2015/12/22
  • サイズ : 22 MB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

ゆがふには物質的な豊穣だけでなく、精神的な幸福感が加わっている。

沖縄はとりわけ作物に恵まれているというわけではないが口福に溢れている。その理由を探求するように、池澤夏樹は写真家の垂見健吾と共に沖縄各地の美味しいものを訪ね歩く。その旅の中で見えてくるのは、沖縄の人々は神々への思いがとりわけ強いということだった。南西航空(現在は日本トランスオーシャン航空)の機内誌「コーラルウェイ」の連載をまとめた旅と食のエッセー集。

>> 池澤夏樹の電子本「impala e-books」シリーズはこちら


【目次】
匂い立つ豆腐
グルクンの大変身
滴る透明な液体
共に食べる
シシマチの一日
ビールは風土
久高島のイラブー
御殿山のそば

もっと読む...

黒糖の深い味
最も贅沢な果物
ヤギ鍋を囲む四十人
凝縮されたうまさの素
海と風と太陽の結晶
田んぼで育つうまい芋
豆腐餻を知っていますか?
幻のタコ捕り漁
オキナワン・コーヒー
「アイスクリン」美少女伝説
正直一途の味噌
君よ知るやみきの味
稲刈り体験、西表の黒紫米
智略に満ちた養蜂家
一人追い込み漁の秘密
きっぱんの上品な味
子供たちが掘る芋
赤い小さなアセローラの実
滋養の濃厚なエキス
軽くて重い麩の秘密
ウコンの力でみんな元気
キリストの受難という名の果物
女たちのサロンとブクブクー茶
美しいソテツのおいしい味噌
止まらないシマラッキョウ
ぜったいにゴーヤー!
デザートはパイナップル

著者について

池澤夏樹

ikezawa_binb.jpg1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』等。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp

垂見健吾

南方写真師。一九四八年長野県生まれ。桑沢デザイン研究所で学んだ後、写真家・山田修二氏に師事。文藝春秋写真部を経てフリーランスカメラマンとなる。一九九三年、東京と沖縄で開催した写真展「琉球人の肖像」で人物写真の新境地を開拓し、好評を博した。那覇在住。那覇と東京に事務所を持ち、東京、沖縄、日本各地から世界を舞台に写真撮影の旅を続けている。著書に『やさしいオキナワ』、『未来圏からの風』(共に共著)など。
http://www.taruken.com

648円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。