双頭の船池澤夏樹(著)

双頭の船
475円(税込)
  • カテゴリ:文芸
  • 発売日:2016/03/10
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

大事なのは土の匂いだ。

巨大な波が押し流した町、空が落ちて壊れた土地――災厄に見舞われた沿岸へ、舳先と艫が同じ形をした双頭のフェリーは失恋したての青年と中古自転車を載せて進む。小さなフェリーは、拳銃を持った女や金庫破りや熊と繋がる男などが次々と乗り込み、200人のボランティアと被災者たち、命を失った人々や動物たちを迎え入れ、やがて大きな船となり...。東日本大震災の現実をつぶさに見つめた著者による、被災地再生への祈りに満ちた魅惑の物語。

>> 池澤夏樹の電子本「impala e-books」シリーズはこちら

【目次】
ベアマン
北への航海
千鶴さんとヴェット
金庫ピアニスト
さくら丸
オオカミが来た
フォルクローレ
さくら半島

著者について

池澤夏樹

著者近影1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp

レビュー