桔梗が咲いた片岡義男(著)

桔梗が咲いた
270円(税込)
  • カテゴリ:文学
  • 発売日:2016/04/22
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

ある小説の助走のような小説は、そのままひとつの完璧な小説になった

作家自身が「あとがき」に書いたようなひとつの明確なイメージ、明確だが小説としては何年も結実しなかったイメージの定着がここにはある。
この小説では登場人物の誰もが物語を作ろうとしている。
作ろうとしながら、自分自身にも物語を持っているのは女性たちだ。
1人の男性作家によって彼女たち自身のティーンエイジャーの頃の生きた時間が呼び出され、語られ、しかしその語りの一部にはフィクションも含まれている、という微妙なあり方。
誰もが現実を超えた手の届かない存在に向けて大人になった今の時間を生きる。

著者について

片岡義男

著者近影1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

レビュー