入庵雑記尾崎放哉(著)

入庵雑記
432円(税込)
  • カテゴリ: 文学
  • 発売日: 2016/07/01
  • サイズ : 316 KB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー・プレス

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

流浪の俳人尾崎放哉は90年前、小豆島の島民に看取られその生涯を終えた。今も島に生きる「放哉さん」。

「入庵雑記」は放哉が小豆島に来て3ヶ月後に書いたもの、亡くなる半年前1925年と思われる。自由律俳句の俳人放哉が終焉の地、小豆島西光寺の南郷庵に暮らした年月はわずか8ヶ月であった。海が好き、母恋し、しかし放蕩わがままな放哉にとって、暖かく包み込むような島民のお世話を得て、小豆島は放哉最期にふさわしい場所ではなかったか。著名な句「咳をしてもひとり」の放哉はまた随筆の達人であった。メソメソしたところが目につくものの、言葉使いの美しさは絶妙で、やはり放哉ならではである。

【目次】
島に来るまで

念仏
鉦たたき


著者について

尾崎放哉

鳥取県鳥取市出身。東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。

432円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。