夜のまま終わる映画片岡義男(著)

夜のまま終わる映画
270円(税込)
  • カテゴリ:文学
  • 発売日:2016/09/15
  • 出版社:ボイジャー

作品紹介

2人は会話で映画をつくる。夜の中で夜の映画を

男女がいる。季節は秋。もう真夜中だ。
しかし、女性にはこれから仕事がある。
毎週の決まった仕事だが、行きたくない、このまま帰りたい、
そう思う日だってあるだろう。今日がまさにそうだ。
「このまま帰って2人で映画を観たい」。
その思いはしばらくは叶わないから、女が主演を演じる映画を
2人で想像してみる。クルマで目的地に着くまでの時間、
その映画ならざる映画、言葉で建てられた映画が上映される。
さて、それはいったいどんな映画だろうか。

著者について

片岡義男

著者近影1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

レビュー