銀行員は第二の人生で輝く 出向・転籍を巡る12のストーリー津田倫男(著)

銀行員は第二の人生で輝く
756円(税込)
  • カテゴリ: ビジネス・経済
  • 発売日: 2016/11/01
  • サイズ : 464 KB
  • 言語: 日本語
  • 出版社 : ボイジャー・プレス

条件:iPhone 4以降/iPad iOS 4.3 以降が必要、Android2.2, 3.0以降が必要、PC/Mac: IE9, Safari, Firefox, Chromeが必要 ※電子書籍は、印刷できない仕様になっています。

作品紹介

誤解されがちな銀行員の等身大の「出向後」の人生をつづりつつ、満足できる第二の人生を探ります。

12のストーリーから明も暗もある50歳以降の職業人の生き方を考えます。たまたま銀行員を取り上げていますが、他の職業にも共通する生き方、選択のヒントがあります。紙の書籍「銀行員の分岐点」をベースに初の電子書籍として世に問います。

【目次】
まえがき 「半沢」ブームが及ぼした銀行員への影響
序章 出向先はキャリアの墓場か?
一章 銀行員は第二の人生で輝く?
二章 銀行から世話された場で活躍
三章 紆余曲折があっても人生を楽しむ
四章 銀行とは無縁の世界で生きる
五章 例外に見える銀行後の世界だが
六章 出向・転籍を再考する
終章 銀行員と第二の人生

著者について

津田倫男

企業アドバイザー。銀行に20年勤務、新興企業投資を2年行った後、独立。M&A助言やグローバル人材育成などに取り組む。著作に「地方銀行消滅」「老後に本当はいくら必要か」など。

756円
ご希望のアカウントでログインすると、ソーシャルストリームに参加できます。

() ログアウト
Twitter Facebook Mixi

この作品の埋め込みコード

タイプ:
横幅:
px
イメージ:
埋め込みタイプ

埋め込みコード:

選択後に、上記の埋め込みコードをコピーして貼り付けてください。選択内容により、コードは変わります。