ゴルゴ13 (172)さいとう・たかを

ゴルゴ13 (172)
596円(税込)
  • カテゴリ:漫画・アニメ
  • 発売日:2017/02/01
  • 出版社:リイド社

作品紹介

大統領派と首相派が対立し紛糾するウクライナの議会。それを打開するため、総選挙が実施されようとした時に大統領と首相の狙撃未遂事件が発生… 表題作『アナライズ・ウクライナ』他、1話(『東ドイツの残骸』)を収録。

【アナライズ・ウクライナ】大統領派と首相派が対立し紛糾するウクライナの議会。それを打開するため、総選挙が実施されようとした時に大統領と首相の狙撃未遂事件が発生。同一人物の犯行の可能性からゴルゴの関与が疑われたが、元MI6のアナリストは別の“G”の可能性を推測した。ゴルゴは……?

【東ドイツの残骸】旧東独の秘密警察が作成した“S”ファイル。ロシア軍がルーマニアに移送し保管。だが政変により再びロシア本国へ空輸中に一部が流出。この流出した機密ファイルの所有を巡って連続殺人事件が発生し、こんどは被害者の遺品から“G”ファイルという極秘資料が発見されたが…

著者について

さいとう・たかを

1936年 和歌山県生まれ、大阪府堺市育ち。
理髪師をしながら17歳で描いた『空気男爵』でデビュー。
その後、上京し、仲間と「劇画工房」を結成。大人の鑑賞に堪えうる「劇画」を定着させ、分業制を取り入れた「さいとう・プロダクション」を設立。

1968年連載開始の『ゴルゴ13』は、現在まで1回も休載することなく続いている。
その他の主な代表作に『台風五郎』『無用ノ介』『デビルキング』『バロム・1』『影狩り』『雲盗り暫平』『サバイバル』『劇画・小説吉田学校』『仕掛人 藤枝梅安』『鬼平犯科帳』『剣客商売』など多数。

1976年 第21回 小学館漫画賞受賞
2003年 紫綬褒章受賞
2005年 第50回 小学館漫画賞審査委員特別賞受賞
2010年 旭日小綬章受賞

レビュー