ゴルゴ13 (179)さいとう・たかを

ゴルゴ13 (179)
596円(税込)
  • カテゴリ:漫画・アニメ
  • 発売日:2017/02/01
  • 出版社:リイド社

作品紹介

住宅バブルが崩壊し金融恐慌の危機が深刻化するアメリカ。それを防ぐために、資金供給を求めるボルトン財務長官だったが… 表題作『恐慌前夜』他、3話(『疑惑のペースメーカー』『グアンタナモの地雷原』『獣の爪を折れ』)を収録。

【恐慌前夜】住宅価格の暴落による金融危機が深刻化するアメリカ。政府は大手金融機関の破綻を恐れ公的資金の投入を検討するが、巨大保険グループが資金供給を拒否。政府は…

【疑惑のペースメーカー】核兵器に関する情報収集を始めたスイス。CIAは頻繁にロシアに出入りする男が心臓に特殊なペースメーカーを入れ情報を隠していることを確認。ゴルゴへの依頼は?

【グアンタナモの地雷原】アメリカに新大統領が就任、収容されたテロ容疑者への拷問や虐待が発覚したグアンタナモ基地の閉鎖を命じた。内部情報を漏えいした者の始末をゴルゴは依頼され…

【獣の爪を折れ】北京五輪の陸上100メートル決勝。有力選手が金メダル獲得を確実にするため、コーチ陣はライバル選手が履く高性能スパイクのピンの狙撃をゴルゴに依頼したが…

著者について

さいとう・たかを

1936年 和歌山県生まれ、大阪府堺市育ち。
理髪師をしながら17歳で描いた『空気男爵』でデビュー。
その後、上京し、仲間と「劇画工房」を結成。大人の鑑賞に堪えうる「劇画」を定着させ、分業制を取り入れた「さいとう・プロダクション」を設立。

1968年連載開始の『ゴルゴ13』は、現在まで1回も休載することなく続いている。
その他の主な代表作に『台風五郎』『無用ノ介』『デビルキング』『バロム・1』『影狩り』『雲盗り暫平』『サバイバル』『劇画・小説吉田学校』『仕掛人 藤枝梅安』『鬼平犯科帳』『剣客商売』など多数。

1976年 第21回 小学館漫画賞受賞
2003年 紫綬褒章受賞
2005年 第50回 小学館漫画賞審査委員特別賞受賞
2010年 旭日小綬章受賞

レビュー