ゴルゴ13 (183)さいとう・たかを

ゴルゴ13 (183)
596円(税込)
  • カテゴリ:漫画・アニメ
  • 発売日:2017/02/01
  • 出版社:リイド社

作品紹介

パレスチナ自治区――物流をイスラエルに押さえられているガザ地区はエジプトから物資を密輸入していたが、多くの物資が偽ドル札で支払われていた… 表題作『キメラの動力(パワー)』他、1話(『檻(おり)の国』)を収録。

【檻(おり)の国】パレスチナ自治区――物流をイスラエルに押さえられているガザ地区はエジプトから物資を密輸入していたが、多くの物資が偽ドル札で支払われていた。それらはイスラエルと共同戦線をはる組織、ファタハの首領・ナビールが首謀者だったのだ。ナビールの狙撃を依頼されたゴルゴだが、ナビールのアジトは最新のシステムに守られていた………

【キメラの動力(パワー)】日本の大手自動車メーカー「タイガ」は電気自動車の開発に着手した。しかし、要となるバッテリー担当の家電メーカー「パッソーナ」は藤山重工という中堅自動車メーカーと合併、独自の電気時自動車製造に乗り出した。タイガは敵対的買収で計画頓挫を図るのだが……

著者について

さいとう・たかを

1936年 和歌山県生まれ、大阪府堺市育ち。
理髪師をしながら17歳で描いた『空気男爵』でデビュー。
その後、上京し、仲間と「劇画工房」を結成。大人の鑑賞に堪えうる「劇画」を定着させ、分業制を取り入れた「さいとう・プロダクション」を設立。

1968年連載開始の『ゴルゴ13』は、現在まで1回も休載することなく続いている。
その他の主な代表作に『台風五郎』『無用ノ介』『デビルキング』『バロム・1』『影狩り』『雲盗り暫平』『サバイバル』『劇画・小説吉田学校』『仕掛人 藤枝梅安』『鬼平犯科帳』『剣客商売』など多数。

1976年 第21回 小学館漫画賞受賞
2003年 紫綬褒章受賞
2005年 第50回 小学館漫画賞審査委員特別賞受賞
2010年 旭日小綬章受賞

レビュー