『カウムズホーム』解説という名の小説佐藤守徳(著)

『カウムズホーム』解説という名の小説
1,350円(税込)
  • カテゴリ:文学
  • 発売日:2017/04/26
  • 出版社:ボイジャー・プレス

作品紹介

実験小説をふくむ長短21編の作品集。現実意識、現実感覚の新たな世界を書く。

工夫されたものとしての創作と言う意味で実験小説であることは認めよう。しかしそれはあくまで〈想〉が高まって、たまたま現れた形式であって、実験より〈想〉の方が先だ。ありていに言ってしまえば、現実世界での世界認識であり、想の高揚つまり自己表出なのだ。自己表出が先であとから形式はやってきた。
それらは断片として現れるのはしかたのないことなのだ。

著者について

佐藤守徳

これまで電子書籍を4冊、紙の本を2冊出版する。近作は2016年『宮沢賢治 サラリーマンの歌』『断片小説論スケッチ』2017年
TW: https://twitter.com/satokaminotri

レビュー