アトミックアウェイクニング 原子の発見からマンハッタン計画、そして原子力発電へジェームズ・マハフィー(著),百島祐貴(翻訳者),林﨑規託(監訳者)

アトミックアウェイクニング
1,500円(税込)
  • カテゴリ:科学・テクノロジー
  • 発売日:2017/10/31
  • 出版社:ボイジャー・プレス

作品紹介

「原子力」がわかる!人類と原子力の未来を考察する三部作の第一弾。

原子力に未来はあるのか。米国原子力分野の第一人者である著者が綴る、原子力の誕生と発展、そして挫折、再起のものがたり。原子論の発展に始まり、電磁気、放射線の発見を経て、核分裂、原子爆弾、原子力発電に至る原子核物理学・原子力技術の歴史をまとめた本書は、原子力の数奇な歴史を時代別に三段階に分け、それぞれをファンタジー、パズル、パラドックスの時代として分かりやすく解説している。原書は2009年に刊行されており、福島第一原発事故を経てからの未来考察は続編の『アトミックアクシデント』を参考にしてほしい。

【目次】
序 文 内輪のジョーク
序 章 ファンタジーの中のパズルの中のパラドックス
第1部 ファンタジー
 1-1 見えない魔物
 1-2 残されたいくつかの問題
 1-3 アインシュタインの爆弾
 1-4 宇宙の反対側 ― 相対性理論と量子力学
 1-5 原子核の秘密
第2部 パズル
 2-1 天才の偶発的集積
 2-2 ドイツ帝国の脅威
 2-3 闇の中の衝撃
 2-4 トンネルの入口の光
 2-5 戦後の計画
第3部 パラドックス
 3-1 原子カレース
 3-2 運河掘削,癌治療,そして木星へ
 3-3 黒鉛炉が火事だ!
 3-4 原子力ロケット・原子力航空機
 3-5 建設ラッシュ,挫折,そして再起へ
エピローグ 放射能公園

著者について

ジェームズ・マハフィー

ジェームズ・マハフィー博士はジョージア工科大学にて上級研究員を務め、この間に米国防衛原子力局を始めとした数々の公的機関・民間企業でプロジェクトを指導、遂行した。またジョージア州ハッチ原子力発電所では、スリーマイル島事故後の安全システム開発の指揮にあたった。ジョージア工科大学に25年間勤務した後、民間企業の先端研究部門責任者や技術部門責任者を歴任した。
現在はフルタイムで著述業、コンサルタント業に従事。自身の専門分野に関して多数講演し、その巧みで分かりやすく、また楽しいトークには定評がある。

百島祐貴

慶應義塾大学病院予防医療センター 放射線科専門医

林﨑規託

東京工業大学准教授

レビュー